えー、GP-IB というものがありまして、…
そこそこ古い付き合い(TMS9914 が流行った時代) なんですが、…

ただあの大概はネジが破綻する親子亀 connector にブットい cable が好きになれませんでしたけど。


かれこれ 10 年ほど前に data 収集/処理の案件が(流れましたけど) あった時にまあこの際だから対処できるように機材を揃えようかな思いましたが PCI でも USB でも adapter が高価(ゲーマー御用達の videocard みたいに) で貧乏性のヘタレにはポチッとできませんでしたよ(請けたら買えばいいや、と) 中古の multimeter(hp) は買いましたけど。

先般、中古の計測器を見ていて USB の interface adapter が出ててパッと見では価格の妥当性が分かりませんでしたので改めて調べてみましたらば、…

その中古はザッと新品の 1/4 。 でもそれよりさらに 30% 安い新品が amazon にあるではありませんか !

とはいえ serial の interface card を買うよりはずっと高いんですけどね。

前にも偶さか SAS RAID card が通常の半額で出てることがあって速攻で買いましたらば数日後に元の値段に戻ってたことがありましたので amazon 。

「んー」
「買っておこう」

ポチッ。


とりあえず件の multimeter を認識するところまでは確認できましたのでまあ okay かな。

でもまあ、今回のコレは自分のところで使うつもりです。 実は 3 年ほど前にパートで期間限定の開発に雇われたときに製品の試験 program を LabView で書いたことがあって、…


冷静に考えればこんなに簡単に(機材繋げて線を結ぶだけ) できるんならもはや外注に出すわけない(からこの先そんな仕事を期待してもしょうがない) よね、と。