(worthless) Tips & Technologies

温故知新。 いえいえ "何を今更" が好きなだけです。

Tips

vm で 0x000000c5

ちょいと memo 。

必要があって note で vm してて引っ掛かるところがあったのでウチでいろいろ試そうとすると置き場所やら充電やらが面倒で固定機に持ってきたんだけど暫くすると 0x00000c5 が出る。 microsoft 曰く、

ほぼ間違いなく、システム プールが破損しているドライバーです

んなこと言ったって vm なんだから … vm tools くらいしか思いつかないぞ。

はてさて off line の vm tools を当てたら出なくなりましたとさ。 めでたし。
 

w7/home の識別されていない public

先般入れ直した w7 は internet provider の router の内側 segment の他に nas がぶら下がっている local segment を設けている。 今のところは nas と端末しかつながっていなくて address は static 。少なくとも windows で経路制御なんかする気は無い。 L3 switch は未だ繋いでない。

入れ直しの途中でどういう操作をしたかは覚えていないが、たった今は " ネットワークと共有センター " を開くと local 側は " 識別されていないネットワーク " の public になっている。

で、これが修正できない

検索すると、こうなる要因として default gateway が設定してないとか書いてあったりしたから設定したけどダメ。 secpol.msc も registry の当該項目も存在しない。 も少し探すとどうやら pro 以上でないと無いらしい。 んじゃあ、と、local 側の nic を無効にしてみたけど有効にしたら元に戻してくれた。

そゆとこだけは気が利くという

さらなる悪態を吐くのは他でやるとして、その後も両方無効にしたり紆余紆余した結果、どうやら

自分を default gateway にしようとしてもできない

みたい。 nas の address を指定したら " 社内 " になった。 でもそれってオカシくないか ? この機械は外にも繋がってるんだからさ。 んー、もしかしたら routing させるとできるのかも知れない。


ま、とりあえずは両方 " 社内 " になったからいいや(実は nas の gw はこの w7 の address になっているんだが、…)。
 

薄氷の ESP32 board 設計

件の note pc に arduino ide など開発試行用 desktop 機と同じものを setup したが、...

Connecting........_____.....

が出た。

結論から言えば有名なアレで、解明に時間が掛かったのは 2 台の desktop 機のどちらでもコレが出ていなかったというところに惑わされたが故。

何度見直しても使った software は同じで usb の容量は問題無い範囲のハズ、異なるのは windows update を販売店のほうで全項目掛けてあった(ワタクシはそんなことしない)というところと hardware そのものの差異。

散散悩んだ挙句にまさかと思いながらも試しに gpio#0 を落としてみたら ... あーら先に進んだよという次第。

えええええェ ?

真っ当なデンキヤを自認自称( するワタクシには考えられないくらい薄氷。

まあ、これらの製品は開発補助の検証用の breadboard(昨今の solderless のアレじゃなくて) だからしょうがないか。
 

どうやら Arduino/ESP32 は XP だと無理らしい

先般からとある物件で program を書いているんですけど客先でデモするのに手持ちの note pc が xp しかないのでこれに組むことに。

一応、arduino ide #1.8.9 には xp or higher と書いてあるので install しようとしたら脅しの message が( 出るんですなこれが。

たぶん driver の作法が合わないから microsoft official のを云云と言われるんだ思うから無視して入れるとか zip を展開して置くとかして、esp32 対応の package を置いて tools/get.exe し、library は必要に応じて追加するとして、何かを compile すると、…

File "esptool.py", line 37, in <module>
File "c:\python27\Lib\site-packages\PyInstaller\loader\pyimod03_importers.py", line 389, in load_module
. . .

と言う感じで error が出る。 compiler が使っている python が吐いてると思しきものでウチのには c:\python27 なんて無いんだけどなと思いながらも w7 にだって入れてはいないからソコは何かの記号だと思うことにしてそのあたりを含めてあっちやこっちやから検索すると 「もしかしたら pyserial の version を下げるといいのかも」 とかいう無責任な記事に引っ掛かってあんまり下げるとそもそも使いたい機能が無いところまで行くんじゃないかと思いつつ下げてみ …

たけどダメでした(泣くしかない

。 それではと #2.7 を入れて(もちろん path を通して)みたり、昔 xp で動かしたことのある #2.6.6/pyserial #2.5 を組で入れてみたり、もー上げたり下げたり曲げたり伸ばしたりしましたが、...

ダメでした笑うしかない

。 さて何度か眺めているうちに最後の行の

AttributeError: function 'CancelIoEx' not found

というのが気になったのでこれで調べてみたらコレ、

vista 以降にしか存在しない api

らしい、と。 つまりは表題の通りという結論に至りましたんですだよ。

もーしかしたら何か手があるのかも知れませんがソレに当たる確率がかなり低いのでこれ以上時間とアタマを潰すより " 中古の note pc を探すほうが現実的 " だよね、と思い始めた今日でした。

おやすみなさい。
 

何を今更 delphi 5 (#11)

えー、今更な tip です。 記事番号の 11 は(かつての) transistor 命名と同じだと思ってください。

ちょいと udp で何が流れているかを見る要件が出て慣れているというか似たような(昔に書いた) source がある delphi を引っ張り出してきたという経緯。

主旨からは必要ないんですが複数の端末(機能)を使って実験してるとさてコイツの ip はいくつだったっけ ? ということが起こる(ときに都度 netstat -rn とかするのが面倒な)ので立ち上げた時に ip address を表示させようと思ったんですが tcp socket を使っていればそこから読めるけど udp socket しか使っていない場合は当該の property とか無いので、…

以下 http://support.embarcadero.com/print/36482 より抜粋。

var
        p : PHostEnt;
        s : array[0..128] of char;
        p2: pchar;
begin
        Memo1.Lines.Clear;
        Gethostname(@s,128);
        p := GetHostByName(@s);
        Memo1.Lines.Add('HOSTNAME = '+p^.h_name);
        p2 := iNet_ntoa(PinAddr(p^.h_addr_list^)^);
        Memo1.Lines.Add('Local IP = '+ p2);
end;

という感じで直叩きするという手があるよというハナシでした(chevron がいっぱいあってちょっと楽しい、笑)。
 

DOS も XP も C:

その昔、一つの harddisk にアレもコレもは常態だった時期もありまし(朧ゲな記憶では os-bs と os/2 boot manager を良く使って)たけど何気に上手くできてまして記録が無いんですな困ったことに。

最初に申し上げました通り現役時代には終ぞ xp は使いませんでしたから題記の組み合わせはやったことが無いハズですが xp と w2k はそれほどには違いはありませんハズとはいえ w2k と dos の組み合わせをやったことがあるかと問われれば明確な記憶も記録も無いとしか言えませんので …

実質初めて、かな。

結論と言うか成功した例を書くと …

  •  fdisk で dos 領域を確保、active にはしない
  •  fdsk で fat32 を 8gb 未満になるように確保、ntfs 中身無しを指定
  •  こっちを active にする
  •  xp の cd-rom から install 開始
  •  partition1 [unknown] は D: で pattition2 [NTFS] が C: になる

これで D: の format を要求されることなく進みます。 xp の install 後に dos で

format c: /u/s

とでもして組み入れれば okay 。 切り替えには os-bs を使いました。

空き容量が気になるなら …

  •  xp の pagefile を追加の ntfs volume に移す
  •  追加の ntfs volume をどこかに mount する

私は dos 区画を後ろ(p: とか)に追いやって追加の ntfs volume の root に pagefile を、" d:\program files (x86) " に追加するモロモロを入れるようにし、" d:\tmp とかに一時 file を移しましたから c: は半分空いてます。

これでようやく mhdd 専用機単独で crystaldiskinfo とかのツールも(気持ちよく、笑)使えるようになりました ♪
 

p6220jp の memory

片面 2GB の dimm は認識してくれません。

気づくのが遅くて余分な買い物をしてしまいました。 たまにしかやらないと勘が鈍ってるのが良く分かります嗚呼。 168p sdram 前後の時代には集積度が上がって chip が少なくなった memory module が動かないなんてのは日常だったような …
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

Nas

  • ライブドアブログ