ウチでは vl bus 評価用で動態保存ということになってます。


まずは電池が切れてるようなので見てみたら BR2325 とかいう最近(の pc )では使わない大きさときたもんで流石に 100 均とかには置いてない。 しょうがないホームセンタ行ったら置いてあった。 高いと言っても昔よりは安いのかな ? ¥298.- とかいう値段は。


んー、100 均なら 2032 が 6 枚買えるがね、



起動時に何か drive 達のほうから " ぐぅおしょ " みたいな音がしてたけど bios 設定したら静かになったからまあヨシとしておこう。

二次資料だと memory は 64mb とか書いてあったけど、8/8/16/16 で挿したら何故か 40 にしかならない。 8 のを挿し直しても同じ。

で、16/16/8/8/ に挿したら 16 とか言ってきた。

たぶん single/double の順列認識(後者)か cache 容量との絡み(前者)か、とか思ってみたけど今の時点でそれ以上突っ込むのは趣意に反する(案件が山積みが故)のでとりあえず 16 を 2 枚挿して先に進む。



立ち上げてみると普通に dos だけとオマケが入っていた。 JILL(of th jungle という dos game) が入っていたから音源の sc200 は sb 互換で amp 付きが故と判断、ちゃんと鳴ることを確認。

んじゃ、 sc200 はそのまま挿しておこう。

え、と、floppy は内容が見えることまで、cd-rom は deriver が文句言わないことまでの確認。


  • 486DX2-66
  • SIMM x4(64MBmax)  ← 32MB
  • ISA x2, PCI x1, PCI/VL-BUS/ISA x1
  • CL-GD5434
  • 1.2GB, PCDOS63B


今日はそんなところで。