(worthless) Tips & Technologies

温故知新。 いえいえ "何を今更" が好きなだけです。

do Try

X79 本番用の memory

とりあえず memory を確保したので memtest してみた。 容量からしてそれなりに時間が掛かると思うから冷却の check にも多少は(全 core 全速というわけでもないから)なる、かも。

 32gb

という感じ。 pass 1, error 0 で打ち止め。

あとはまあ、急がなくてもいいかな。

識別されていない public の続き

また端末が見えなくなったので追っかけていたら直接要因ではない(ハズ)にしろ想定外の端末が master browser になっていたので電源を入れなおしたらとりあえず主機が master browser になってそこからは全部見えるようにはなった。

念のためというか ip 周りの設定を見てたらどうも一貫性に欠ける部分があるので ? と思ったが前回 gateway が無いので妙な設定にしたのを思い出した。

けどまあとりあえずあるべき値にしたらば、…

nas 側が " 識別されていない public " に

なりましたよ。 これは gateway が実存しないせい、なハズだからと(経過は省くが)実体を用意したらば、…

あっさり解決

しました。 w2k 時代ならこんなつまらない事件は起こらなかったハズだけどまあいろいろ大きな世話を焼いてくれますね、と愚痴ってみたり。
 

半角カナを除染

相変わらず directory と registry を半角カナだらけにしてくれる JustSystems 。 storage の中が汚らしくなるから vista には入れたくない。 label mighty(14) は application 試験用の w7 機に入れてみた。

この soft は #5 を w2k でずっと使っていてそれなりに data があるのと使いやすいのとで w2k から vista に主力を移した際に up した。

追加の sample を入れないで install したらば program files の中は綺麗だったので 「お !」 と思ったけど install 履歴にはしっかりと半角が。 さらに今以て c:\just を作りやがって、その中が汚い。

前回はどうしたんだっけ ?

ま、結論から言うと registry を修正して c:\just は作業 drive に移し半角は消し去り(置き換え)ましたよハァすっきり。

これでいろいろ使ってみて問題が出なければ w7 主機に入れ直そうかな。
 

M5A97 Pro の PS/2

蓋ができ(るようになっ)たので切り替えの内側に持ってきた vista 機ですが主 kb/mouse が言うこと聞かない率が甚だ高いというか殆どダメ。

同じ条件だと思っている TH55XE の w7 機では全く問題が起きていないのでこれは

おそらくは M5A97 の ps2 port の回り込みに対する弱さ

か、と思って嫌嫌ながら試しに keyboard の ps/2 を usb にして挿したらば問題起きない。

これ以上の追求をしている余裕が無いので当面はコレで行く。
 

薄氷の ESP32 board 設計

件の note pc に arduino ide など開発試行用 desktop 機と同じものを setup したが、...

Connecting........_____.....

が出た。

結論から言えば有名なアレで、解明に時間が掛かったのは 2 台の desktop 機のどちらでもコレが出ていなかったというところに惑わされたが故。

何度見直しても使った software は同じで usb の容量は問題無い範囲のハズ、異なるのは windows update を販売店のほうで全項目掛けてあった(ワタクシはそんなことしない)というところと hardware そのものの差異。

散散悩んだ挙句にまさかと思いながらも試しに gpio#0 を落としてみたら ... あーら先に進んだよという次第。

えええええェ ?

真っ当なデンキヤを自認自称( するワタクシには考えられないくらい薄氷。

まあ、これらの製品は開発補助の検証用の breadboard(昨今の solderless のアレじゃなくて) だからしょうがないか。
 

今こそ FD Emulator、か

どれが何が最初だったか忘れましたけどとにかくどれか何かを AliEx. に注文もとへ AliEx. で注文するするついでに予てから 「そのうち」 にと思っていたアレとかアレとかを纏めて注文し、…

届きましたよ fd emulator 。

 GOTEK


とりあえず xp 機に繋いでみましたが手順を誤るというか file system が二重になってしまいました。 一部は両方から読み書きできるんですがその他はそれぞれからしかできないという。

ウチでは pc 以外に使う予定はありませんけどま、…

少し時間が掛かりそうです。
 

DOS も XP も C:

その昔、一つの harddisk にアレもコレもは常態だった時期もありまし(朧ゲな記憶では os-bs と os/2 boot manager を良く使って)たけど何気に上手くできてまして記録が無いんですな困ったことに。

最初に申し上げました通り現役時代には終ぞ xp は使いませんでしたから題記の組み合わせはやったことが無いハズですが xp と w2k はそれほどには違いはありませんハズとはいえ w2k と dos の組み合わせをやったことがあるかと問われれば明確な記憶も記録も無いとしか言えませんので …

実質初めて、かな。

結論と言うか成功した例を書くと …

  •  fdisk で dos 領域を確保、active にはしない
  •  fdsk で fat32 を 8gb 未満になるように確保、ntfs 中身無しを指定
  •  こっちを active にする
  •  xp の cd-rom から install 開始
  •  partition1 [unknown] は D: で pattition2 [NTFS] が C: になる

これで D: の format を要求されることなく進みます。 xp の install 後に dos で

format c: /u/s

とでもして組み入れれば okay 。 切り替えには os-bs を使いました。

空き容量が気になるなら …

  •  xp の pagefile を追加の ntfs volume に移す
  •  追加の ntfs volume をどこかに mount する

私は dos 区画を後ろ(p: とか)に追いやって追加の ntfs volume の root に pagefile を、" d:\program files (x86) " に追加するモロモロを入れるようにし、" d:\tmp とかに一時 file を移しましたから c: は半分空いてます。

これでようやく mhdd 専用機単独で crystaldiskinfo とかのツールも(気持ちよく、笑)使えるようになりました ♪
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

Nas

  • ライブドアブログ