件の vista 機は wd5000ax という非 aft 最後の drive に os 本体を入れて、update してから aft の toshiba/1tb を追加して使っていました。

さて mhdd で scan した結果は、…

 5.01.2020  22:44:34   Device: WDC WD5000AAKX-00ERMA0
 5.01.2020  22:44:34   LBA scan: 0 to 976773167
 6.01.2020   0:08:33   Time spent: 01:23:58
 6.01.2020   0:08:33    Blocks <   3ms = 3820598
 6.01.2020   0:08:33    Blocks <  10ms = 9445
 6.01.2020   0:08:33    Blocks <  50ms = 431
 6.01.2020   0:08:33    Blocks < 150ms = 4
 6.01.2020   0:08:33    Blocks < 500ms = 2
 6.01.2020   0:08:33    Blocks > 500ms = 4
 6.01.2020   0:08:33   Errors: 0, Warnings: 6

こちらが Toshiba、

 6.01.2020   4:38:32   Device: TOSHIBA DT01ACA100
 6.01.2020   4:38:32   LBA scan: 0 to 1953525167
 6.01.2020   6:28:39   Time spent: 01:50:05
 6.01.2020   6:28:39    Blocks <   3ms = 7656567
 6.01.2020   6:28:39    Blocks <  10ms = 2843
 6.01.2020   6:28:39    Blocks <  50ms = 1467
 6.01.2020   6:28:39    Blocks < 150ms = 7
 6.01.2020   6:28:39    Blocks < 500ms = 0
 6.01.2020   6:28:39    Blocks > 500ms = 0
 6.01.2020   6:28:39   No warnings, no errors


ちなみに CrystalDiskInfo なら

 WD500_1

こちらが Toshiba、

 T1000_1

という結果です。

さて、mhdd では警告に留まっていますので diskinfo ではどちらも青色ですが、明らかに wd はヘタッてますね。 これから 150ms 以上が増えて行くと判断すべきでしょう。

が、果たして全域で起こるのか、は謎です。 「局所に留まり代替が成されそれ以上進まなかった」 ならば当分は事実上の問題は起きないハズ。

数ヶ月(4000hr ほど)前の data があればもう少し正しい判断(予想)ができたでしょう。 この mhdd scan は非破壊ですから一時的に運用を止めて data を積むのも良いかも知れません(たぶんワタクシはやらないと思いますが、笑)ね。

というところに落としましょうか。


あー、そう言えば wd/toshiba/seagate で組んだウチの nas も真っ先に wd が代替の pending 出て交換しましたっけ(その後で代替掛けて青色に戻りましたけど今は toshiba/toshiba/seagate です)。

偶然ですよ偶然

さてさてこの wd はちょと心配ですので別の wd を使うことにします。 Blocks < 500ms = 2 がありますが 28 count, 1345 hours なのであと何年かは持つかなという期待で。