副機の組み立ての続きです。 電源はどれにするか ? てところで引っ掛かってまして、…

というわけでちょいと計算。 TDP は熱設計用の指針に過ぎませんから電源の選択には意味がありません。 単体の半導体なら Pd (一般には許容損失)で足りますが cpu の場合は少し複雑(12V から作っている部分が大半と仮定して Pd(max*1 から計算しても事実上は問題ないとは思いますけれど)なのと Pd が分からない場合が多いというところ。

例えば cpu-world には i5-650 は記述があります(TDP = 73W, Pd(peak = 171W)が i5-760 はありません(TDP = 95W)。 で、intel の datasheet には

Icc(max = 75A
Vtt = 1.1V
Itt(max = 35A
Vddq = 1.5V
Iddq(max = 3A

の記述がありますが、問題は core 電圧をいくつにすれば良いのかはさらに資料を追っかけないと(今のワタクシには)分からない(瞬間最大風速という意味では 1.4V で計算していいのかな ? )というところ。 ま、そういうときはとりあえず仮定して数字を出してみましょう。 単純な計算でいいと判断すると、…

1.4 x 75 = 105 [W
1.1 x 35 =  38.5 [W
1.5 x 3 = 4.5 [W

この他にも供給はあるんですが neg れる範囲だと仮定して、全部で 148W になりました。 20W ほど差があるんですけどこれはどう判断すればいいんでしょう ? 

とりあえず考えないことにしてこれらを 12V から効率 85% で作るものとすると、…

( 148 / 12 ) / 0.85 = 14.5 [A

まあ、ザッとこれくらいは覚悟しなきゃいけないということですね。 hdd など drive 類は datasheet にある spin-up の値を目安にすればいいハズで、fan 類はそれから比べると数字が小さいですから定格(の何割増し)でも事実上は問題無いハズ。 video card も表記電力(ニホンゴで最大消費電力と書いてあったりしますが意味が分かって書いているかはナゾなのでできれば original に近い資料を探すと安心できます)が全て 12V 由来と考えて事実上は問題無いハズ。 問題は mlb 上で 12V を使っているのは他に誰が居るとか video 以外に pci/pcie に挿すやつがどれくらい 3.3V や 5V を喰うか、を想定するのが大変そうだというところですが、これもまあ厳密にやる必要は無いハズとか思いながらあちこち調べていましたら …

なーんだ、電源電卓 とかいう便利なものがあるじゃないのよ ♪

ちょっとやってみました。 使う予定の部品を設定して、…

PSCalc000

他にも設定項目があります(cpu は default だと 1.3V なのね)。 結果は …

PSCalc001

ええ、既に買ってありますその玄人志向。 奇遇なんだか何なんだか(笑 。

ちなみに i5-760 について
先の計算をすると 20A になりますから少なめの感がありますが、1.3V でかつ TDP の 90% を基に(何か乗率があるにせよ)してますし各各の peak が同時に訪れることは無い(特に cpu と spin-up )ハズですからまあそれほど外してもいない、でしょう。


後記 @2017/12/5: *1 単体の Pd は 「どれだけ電力を消費させていいか」 であり 「どれだけ出る可能性があるか」 ではないからここでの Pd の使い方はオカシイですな。 今更読み返していて始めて気が付きましたよ お恥ずかしい次第。