(worthless) Tips & Technologies

温故知新。 いえいえ "何を今更" が好きなだけです。

2019年11月

薄氷の ESP32 board 設計

件の note pc に arduino ide など開発試行用 desktop 機と同じものを setup したが、...

Connecting........_____.....

が出た。

結論から言えば有名なアレで、解明に時間が掛かったのは 2 台の desktop 機のどちらでもコレが出ていなかったというところに惑わされたが故。

何度見直しても使った software は同じで usb の容量は問題無い範囲のハズ、異なるのは windows update を販売店のほうで全項目掛けてあった(ワタクシはそんなことしない)というところと hardware そのものの差異。

散散悩んだ挙句にまさかと思いながらも試しに gpio#0 を落としてみたら ... あーら先に進んだよという次第。

えええええェ ?

真っ当なデンキヤを自認自称( するワタクシには考えられないくらい薄氷。

まあ、これらの製品は開発補助の検証用の breadboard(昨今の solderless のアレじゃなくて) だからしょうがないか。
 

先般のアサリ

というわけで vista か 7 の note pc が必要になったんですがさてちょいと検索してみるとナンデモ中古屋の類で¥10,000.- くらいからあります。 ソレ系の中古取り扱い屋だと¥30,000.- くらいから。 いずれも w7 。 vista はそもそも ... 無い(

一方 junk 扱いだと落札価格で¥6,000.- くらいからありますが、手に入れた後でどのくらい追徴されるかは ... 全くの賭け。

液晶と keyboard がマトモで connector 類が多少汚れていても機能するなら他は何とかなりますが色や dot 欠けは出品画面じゃ分からない場合が多いので覚悟できる金額しか出す気にはなれません。

やはり現品が見たいのでとりあえず近所の取り扱い店を回ってみることに。

予想はしてましたが圧倒的に w10 。 w7 なんぞ今何とかしないと手に入らなくなる感。 ブツ的には未だ入れ替えでしょうからまだ出てくるとしても、これから w7 とか w8 を買う方がそうそう居るとは思えませんから状況は変わらない(w10 化される)と思ったほうがいいでしょう。 運良く媒体で recovery が付いてるのがあれば話は違いますが。

専門性の強い全国区の店だと程度の信頼性は上がりますけど自分のところで w10 にできますからあえて残す w7 を高めに設定するのは想定内。 ということで専門性の弱い店に行きましたらば数台ありました w7 。 一応短期の保証が付いてるやつ。 まあ、冒頭のナンデモ中古屋の類です。

結果を言いますと 「これください」 しました。 ちょいと古くて遅い感ありましたが¥8,000.- 。 価格で言えばこの上は¥12,000.- でした。

早速検分です。

所謂メーカーオプションでの custom made 機でした
default で ssd
液晶が綺麗、dot 欠け無し
cpu は当時の最速、2 core 3 ghz なんと txt 付き(使わないけど
電池まだ使えます

意外とマトモでしたから驚きました。 custom にするくらいの方ですから丁寧に使っていた様子(hardware はブン回していたとしても)です。 そんでそういう位置づけですからソコソコ程度の良い部品を使っているみたい。

これは当たり感 ♪

問題は ssd のヘタり具合ですがまあ、交換の手が無いわけではないので様子見ながら早めに手配ですか、ね。 storage が小さいのも気にはなりますが動画編集をするわけでもありませんから今の予定では使い方で何とかなる範疇。

あー、嫌な点というか困った感なのはコレ用の soft case を買わなきゃなんですけど、いくら払うかを考えると頭が痛いというところですな(
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

Nas

  • ライブドアブログ