(worthless) Tips & Technologies

温故知新。 いえいえ "何を今更" が好きなだけです。

2014年03月

そういえば microid research より驚いた dallas の設計

先般 M54Hi の入った函を物置で見つけて持ってきてあったやつに火を入れてみた。 電池じゃなくて ds12887a のやつね。

ま、当然切れてると思ってて、…

電源入れてひと息したら、プ ! 、てまあ、そうだよね、て(怒られた思ったんだけど post 終わった beep だよねそれって)画面見たらば、

おおおおおー Microid Research じゃん、懐かしいなあ。

ちょっと驚きました。
そういえば入れ替えてたんだっけ。

そんで、summary が出てるけど時刻がないよどこにあるんだっけ、て、… 暫し探しましたよ使い勝手が違うし当然そんなの覚えてないし、笑

もっと驚いたのが、…

時計、日付が今日だよ。
わぁお !

せっかく手に入れた ds12887a(+) が使えないじゃん( 。 
  

何を今更 netware 3.12 (0.11)

日記より抜粋

昨日思いついた件とかを p5gc で try してて、…
 
あるとき。
 
操作しているときは画面表示が流れるし drive そのものは認識していて型番とかが表示されるから気がつかなかったけど、…
 
"私の知らない chipset"
 
て、出てたことに気づいた。 そりゃまあ ich7 だからねえ、…
てか間違い。 ソレ、compatible mode にしたんだった。 enhanced に戻して、と、…
 
あ、… うまくいった ♪
 
ナゾだなあ、…
とりあえず設定とかきちんと記録するようにしよう。

遡行起稿 @15 april, 2015
この日の補足をしておくと、
 
えー、まず追加の adapters は無し、pcilist の抜粋は、

[0]:[30]     PCI-PCI     I/O=C000-CFFF 
  ==> bus[1]           
[0]:[31]:[0] ISA bridge
[0]:[31]:[1] IDE ctrl.   0000  0000  0000  0000  FFA0
[0]:[31]:[2] IDE ctrl.   B800  B400  B000  A800  A400
[0]:[31]:[3] SM bus      0400

こんな感じ。 p5gc は ich7 なので sata x4, ide x1 あるわけだが旧来の interface のように見えている、らしい。 さて、まずは dos/netware312 の入った seagate(ide) をつないで load install ができたので sata を増設してみた。 その時の conlog(抜粋)は、

Debug symbol information for IDEATA.HAM loaded
    10010: 244E8086 with 06:04:01 Cmd:0107 BMIBA:FFF0 at 00-1E-00
    10011: 27B88086 with 06:01:00 Cmd:0007 BMIBA:0000 at 00-1F-00
    10021: 27DF8086 with 01:01:8A Cmd:0005 BMIBA:FFA1 at 00-1F-01
           BA0:0001  BA1:0001  BA2:0001  BA3:0001  BA5:00000000
           SubID:81791043  IntLine:00  IntPin:01
    10022: 27C08086 with 01:01:8F Cmd:0005 BMIBA:A401 at 00-1F-02
           BA0:B801  BA1:B401  BA2:B001  BA3:A801  BA5:00000000
           SubID:26011043  IntLine:04  IntPin:02
    10023: 27DA8086 with 0C:05:00 Cmd:0001 BMIBA:0401 at 00-1F-03
    10020: 20481969 with 02:00:00 Cmd:0006 BMIBA:0000 at 02-00-00

Supported SLOT options are: 10021, 10022
Select SLOT Option: 10021
  Chipset ID 27DF8086 (Intel ICH7 IDE Controller):
    HIN 10021 (2725 hex) at PCI Bus 00 Device 1F Function 01
    BA5:              00000000    Interrupt Line:   00    Int Pin:  01
  Bus 0 (Pri Master): ST51270A                                 f/w: 03.03.00
    Legacy Capacity:  002638B0    Max Capacity:  0000000000000000 (0001 GB)
    Feat Support:  0000    Feat Enabled:  0000    (48-bit enabled: No)
    Queue Depth:   0000    SATA Drive:    No      (NCQ supported: No)
Loading module IDEHD.CDM

Supported SLOT options are: 10022
Select SLOT Option: 10022
  Chipset ID 27C08086 (Intel ICH7 IDE Controller):
    HIN 10022 (2726 hex) at PCI Bus 00 Device 1F Function 02
    BA5:              00000000    Interrupt Line:   04    Int Pin:  02
  Previously loaded module was used re-entrantly
  Bus 3 (Sec Master): WDC WD400JD-19LSA0                       f/w: 06.01D06
    Legacy Capacity:  04A8B570    Max Capacity:  0000000004A8B570 (0040 GB)
    Feat Support:  7F01    Feat Enabled:  3E01    (48-bit enabled: Yes)
    Queue Depth:   0000    SATA Drive:    Yes     (NCQ supported: No)

chipset id のところに名前が出ているということは認識していると思っていい、のかな ? 例の list(suppctrs.txt) には ich7 は載っていなかったが手に入れた ideata.ham には入っていたということか。

見ての通り 48bit LBA も sata も対応している様子。 load install にも問題なく入れた。

今のところ load install に入って領域確保するまでの確認しかしていないがこれならもう少しいろいろな chip や組み合わせを確認をする意味は十分にあると判断。

→ ということでこの後、mlb や adapter を試すのが加速してゆきます。
 
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

Nas

  • ライブドアブログ